忍者ブログ
これは、神戸在住の一介のオタク「たけぞう」の奮闘記録である。 リンクフリー。 コメントとかトラックバック歓迎~。 拍手とかも気軽にクリックするといいと思います。喜ぶんで。
ゲームの背景探索に興味のある方は巡礼記のページへどうぞ。
現在、このブログは更新を停止しています! 新しいブログをご覧ください!

戯画 『パサージュ!』 応援中!
戯画 『ハルキス』 応援中!


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5-2です。

雨の秋葉原の巡礼2日目。1/17撮影分の前半です。
MA・ACH周辺ですね。
穂乃果が悩んだり、歌手と再会したりするシーン。


と、その前に、前日分の撮り忘れ。


にこがサングラスかけて、外見てるところ……っぽいと思って撮ったんだけど、やっぱり違うなw
見れば見るほど違うw
でも、他に似てるお店が見つからないもので……


ここからはMA・ACH周辺。
まずは川側から。


最初に穂乃果が映るカット。


ガラスに反射する穂乃果の顔が映るカット。
アニメとかマンガとかでたまにある「そんな角度で反射しないだろ」って感じで顔が映るやつですね。

撮りたい位置に他の人がいたので、一旦後回しにして、反対側へ。


穂乃果があっけにとられた顔で、歌手を眺めてるカット。


屋根が見えるカット。
さすがにしゃがんで撮るのは勇気が足りなかった。


歌手の横顔アップ。


唄い終わった歌手に穂乃果が詰め寄ってくるカット。


穂乃果があっけにとられた顔で、歌手を眺めてるカットその2。


最初の歌手の口元アップ。


歌手の全身を映したカット。


歌手正面。


唄い終わった歌手。


歌手を強引に自宅に招こうとするカット。
角度が足りない……w

川の側に戻って……


「あーもうわけわかんないよー!」


その次、しゃがんだまま呟くカット。


歌手の声に気付き、振り返るカット。


巨大看板。


細かくカットが分かれてて、分かりにくい……
自分でも覚えてなくて、撮った写真を後で見ながら、「これ、どこのカットのつもりで撮ったやつだ?w」と円盤で確かめながら整理しました。

で、いくつか撮れてないものが見つかりました。
歌手が「ご、ごめぇん」と後ずさるカット。
あと、MA・ACHを川の反対側から撮るのを丸ごと忘れてたり。

このあたりを次の週末に撮り直しに行こうと思っていたのですが……
なんか天気が怪しいですね……w
大丈夫かな……

拍手[0回]

PR
第5章です。サブタイトルつけるとしたら、雨の秋葉原です。
で、第5章はカットが多いので、更に小分けにして、3節構成にしてます。
まあ、といっても、巡礼自体はほぼ終わってるんですけどね。撮るだけで2週間くらいかかるかな、と思ってましたが、こないだの土日で撮り終えました。少し撮り忘れが残ったのですが、それも次の週末に回収する予定です。
ただ、単純に写真の枚数が多くなると、写真を編集したり、こうやって記事にするのに意外と手間がかかってしまうので、3つにわけることにしました。

で、第1節は穂乃果が出てくるまでのシーン。1/16(土)に撮影した分です。
1番短いです。


1番短いんですが、その分前章の撮り直しもあるので、まずはそちらを。


帰宅途中、穂乃果が犬に気付くシーン。
左側の竹むらが写り込むように撮り直しました。
前回は電柱とその左の窓の位置から撮影の立ち位置を決めたんですが、電柱の位置とか奥の建物の細部があんまりアテにならないのがわかったので、今回はもう雰囲気で撮りましたw


前回撮り忘れた、穂乃果が車降りてすぐのカット。


最後は、前回アングル間違えたカット。名刺に目を落とすカットですね。
手前の歩行者用信号のせいで奥の歩行者用信号の裏側が隠れてますが、歩道の限界から撮っているので……作中の背景っぽく撮ろうと思ったら、自動車に乗って、昌平橋の交差点で信号待ちに引っ掛かればいいのかな。そうすれば、奥のビルも相対的に引きでに見えて、丁度いい感じかもしれない。


ここから、雨の秋葉原。


雨が降ってきて、真っ先に描写されるのは、水たまりに映ったビル。
「Yokobashi Akiba」って書いてあるので、ヨドバシがモデルなのかなー、と思ったけど……どのアングルが正解?w
1枚目は富士ソフトビルのあたりから。
2枚目は首都高の高架の近くから。
3枚目は昭和通り口の広場から。
どれも微妙だなぁ……


万世橋の親柱。南東のトイレ前のです。
親柱をこの角度で撮ると、バックの建物が良い位置に来てくれないので、別撮りしました。


上のカットから1つ飛ばしてμ'sの巨大看板を人々が見上げてるカット。
万世橋の東側の歩道から撮りました。西側の歩道からでも似たような感じに撮れるのかな。
見上げてる人たちは車道に立ってるのか……
あるいは西側の歩道から撮影するのが正しいなら、神田川から数メートルの高さで浮遊してることになるので、武空術使える人たちか、この川で亡くなった人の地縛霊とかが顕現してるんでしょう。


で、上で飛ばされたカットに戻ります。
今度は万世橋の西側の歩道から、秋葉原の中心街を臨む景色。
たまたまここに移動してくる間に灯りが点きましたね。


第1節は以上ですね。
ホントはにこがサングラスかけて外見てるとこ(の候補)とか、希が神田明神で空を見上げてるとことか撮る予定だったんですけど、前者は撮り忘れて、後者は厄除で人がいっぱいだったので後日に回すことにしました。といっても、翌日の1/17(日)にどちらも回収していますが。

その1/17(日)撮影分の前半が第2節、後半が第3節になります。
第2節は上記のにこのシーンと、MA・ACH周辺。
第3節は竹むら周辺と、神田明神です。


そういえば、とらのあなでQuarta dimensioneさんの「劇場版ラブライブの聖地巡礼ガイド」を買ってみました。
場所がわかってないところが少しでも載ってれば、と思ったんですけど、そう甘くはなかったw
しかし、万世橋ビルを工事前に撮りに行ってるあたり、私のような悠長な奴とは違いますわ……
やっぱり、場所わかってんならさっさと撮りにいかないとですよね……

拍手[0回]

第4章です。
A-RISEの車降りてから、自宅帰るまでです。

サクッと行きます。


本章は、出発地点の関係で、シーンの最後の方から順に探訪。作中のカットとほとんど逆の流れで見て頂ければ。
で、まずは穂乃果が犬を見て微笑むカット。


画面右に犬小屋が見えるカット……なんですけど、左は竹むらが入るくらいの撮り方しないといけなかったのか……
ちょっとミスったな……ここは撮り直した方がいいかなー。


松住町架道橋(って名前だそうです)を背に歩く穂乃果。
右奥の建物はごっそり取り壊されてます……


街灯の下、昌平橋を歩く穂乃果。
街灯を見下ろすには、電車内から撮るしかない……と思って中央線で御茶ノ水から東京方面へ向かう電車に乗って確認してみましたが、街灯は殆ど見えませんでした。


昌平橋交差点の信号を見上げるアングル。


穂乃果の手元の名刺を映したカット。
作中設定に従って撮ると、左の写真のようになります。電柱とかその周りの植物の感じはこれでいいんですけど、高架下のお店が見えにくい。
なので、昌平橋ビル側から撮ったのが右の写真。
……余談ですが、穂乃果のバストがすごく強調されてるので、個人的に本編で最もお気に入りのカットです。


穂乃果が名刺を見始めるカット……ですけど、ミスってますね。
手前の街灯の柱と、奥の橋の石造り部分の位置関係で撮ったんですけど、奥の石造り部分は写真に写ってるのじゃなくて、道路挟んだ左側のやつが正しいみたい。
作中映像で、すぐ手前に歩行者がいるから歩道だと思ったんだけど、彼らが歩いてるそこ、車道なのね……
ここも撮り直しやなー。


A-RISEの車を見送る穂乃果。
左の写真は歩道重視、右は遠景重視。

最後、A-RISEの車が発進するカット、撮り忘れてるし……


こんな感じです。

要撮り直しなのが幾つかありましたね……
そのあたりの回収と、次章のスタートを今週末に予定しています。
その第5章は、シーンとしては4章の後、「雨の秋葉原」です。
つっても、結構長いので、今週末だけじゃ撮り切れないかもしれないですね。
それに、サングラスかけたにこがいるファミレスみたいな店も特定できてないし……窓の形状考えると昌平橋ビル前のデニーズが一番近い気がするんですけど……でも似てるとは言い難い。
知ってる人いたら教えてください~。

拍手[0回]

さて、前回の記事でも少し触れましたが、年末年始、神戸の方に帰省していたので、関西方面を巡ってきました。
この年末年始は、休みが短かったのもあり、元々は「恋愛フェイズ」の三宮と、「サノバウィッチ」の大阪撮り直しくらいしかするつもりがなかったのですが、休みが短すぎたせいで、飲みとかの予定も入れ辛くなって、逆に時間ができてしまい、それならばと「恋×シンアイ彼女」とかを追加してきました。


さて、まずは年末。

戯画の「恋愛フェイズ」で三宮のアーケード街が出てくるので、そちらに。
実は前回帰省時点で判明してたんですが、普通に資料を持っていくの忘れて、巡礼し忘れちゃってたやつです。


で、それがこちら。
年末だからってわけでもなく、三宮の繁華街だし、フツーに行けば、そりゃフツーに人多いですわなw

「恋愛フェイズ」はこれだけ。
この後お小遣い稼ぎに難波に立ち寄ってから、梅田へ。
「サノバウィッチ」のグランフロント大阪建物内のポイントの撮り直しのためで、前に帰省したときは垂れ幕みたいなのが邪魔だったので。
しかし、再訪してみると、前回と同じ垂れ幕が相変わらずかかっており、ガックリ……撮る気にもなりませんでした。
ただまあ、せっかくグランフロントまで来たので……


ステーションシティからグランフロント大阪を臨む背景を撮り直しておきました。
確か前回写真に満足してなかったような気がしたので。
巡礼記の写真を差し替えるかどうかは、改めて撮った写真を見比べて検討します。


次は年始編。

1/2、意外と予定ないなー、って感じで1/1の夜に資料かき集めて「恋×シンアイ彼女」、行けるとこだけ行っとくことにしました。


まずは、水族館の背景より。
手前の広場がモデルになっています。
撮影場所は須磨海浜水族園。年始だったからか、イルミネーションが石に巻き付いてます。
奥の建物は、京都水族館がモデルなんだとか。



海岸の背景。
撮影場所は須磨海岸。さっきの水族園の建物が見えてますけど、それより何より砂浜の真ん中にポツンとヤシの木みたいなのが何本か生えてるのが特徴的な海浜公園です。
年明けだし、凧揚げしてる人が多いかな、と思ってたんですが、意外と居なかったので、そこを気にせず撮れたのは良かったですね。
作中だと、右奥にポートタワーみたいなのが写ってますが、方角的にはもっと左の方にあって、障害物があるので見えません。しかも距離を考えると、肉眼で見えるかどうかも怪しいんじゃないですかね。

撮影場所の近くに、なんか魚がいっぱい居たので、特に意味はないけど撮ってみた。

さて、須磨区は以上。なので、近くに用事があったという親父殿の車に拾ってもらい、高速長田駅まで運んでもらいました。
そっから阪神電車に乗って……


東灘区の阪神御影駅。
作中で駅前の背景として出てきました。
左のビルと右のビルがうまく写せなかった……パノラマモードだと、手前がすごい歪むし……

で、御影駅前のラーメン屋(チャーシューが美味しかった)で腹ごしらえをしてから、今度は大石駅に。
ここから山登りです。
目的地は灘丸山公園なんですが、学校前の背景が見つからないかなー、と都賀川にかかる橋を下流から順に確認していくことに。
まあ、前述しましたが、前夜に画像だけかき集めて、ろくに下調べする時間がなかったので。見つかったらラッキー、くらいの気持ちでした。

で、残念ながら、それらしい橋は見つからず、そのまま灘丸山公園へ。
この公園には5年くらい前に1度来たことがあるのですが、「見晴らしのいい、静かな公園」というイメージでした。前半は記憶の通りだったのですが、後半の「静かな」ってところが覆されてて、めっちゃ子供連れが居ましたw
凧揚げしてる子達も多くて、須磨海岸より多かったかも。
で……そんな中をオッサンひとりで写真撮りまくってきたわけですw
しかも、作り方を見るに、色んな角度から撮らないといけなかったので、1枚とって終わりってわけにはいかなかったのです。
撮影ポイントの近くで鬼ごっこしてる家族連れが居ましたが、お互いに「邪魔だなー」と思ってたと思いますw


さて、まずは、椅子と見晴台。
前に出て……

そのまま撮ったのが、この2枚。
右の写真については、遠くに神戸大橋が写っていて、作中で使用されている白い橋はこれを塗り直したのかなと思ってました。

少し右に回り込んで撮ったのがこれ。
手前の緑の屋根の建物と、円柱型の建物の位置関係的には、ここがいい感じ。でも枝が邪魔w

ということで、少し下りたところの見晴らし台から。

ズーム。
奥の方に白い橋が見えます。神戸大橋じゃなくてこっちがモデルかな。
六甲アイランド橋(六甲アイランド大橋)って橋みたいです。

さて、灘丸山公園を後にし、アスファルトの坂道の背景を探しながら、でも結局見つからずに、阪急王子公園駅へ。「初恋1/1」の巡礼のときにはよく利用したな、この駅も。

で、1駅だけ乗って、春日野道駅。
春日野道って、北側がすぐ坂道になってて、大きい商店街もあって、個人的にはエロゲの背景に使われても全然おかしくないと思っているんですが……都会っぽさを出すなら三宮、おしゃれな感じを出すなら岡本とか北野、って感じで、中途半端で使い道がないのかな……?

春日野道から、引き続き坂道の背景を探しながら、でもやっぱり見つからずに、新神戸駅へ。
新神戸といえば、のぞみも止まる新幹線の駅なので、お土産を調達するにはもってこいなのです。まあ、翌日、帰りの新幹線に乗るときでも買えるんですけど、朝の切符しか取れなかったので、バタバタしたくないし、このタイミングでお土産を購入。

勿論、わざわざお土産のためだけに新神戸に来たわけではなく……


アスファルトじゃない方の坂道の背景を回収。
日が暮れかけてて、右の丸いイルミネーションみたいなのが灯ってしまって……ちょっと主張しすぎやな……w

北野から坂を下り下って、元町の大丸神戸店あたりまで近づいたところで……

ケーニヒスクローネの工事が終わってたので、思わずパチリ。
「Fortune Arterial」の面影はまるで残ってないですけど、まあ、これはこれで遺跡として写真に収めておくべきかと。
まあ、夜になっちゃってたのがね……


作中では、この通りの名称が出てくるんだけど、何て言ったかな……
こちらも夜になっちゃったので、こんな景色に。
暗くなっちゃったのもアレですけど、駐停車してる車が邪魔すぎるなぁ……


と、こんな感じの1/2だったのですが、翌日、予定より早く支度が整って、新幹線に乗るまで余裕があったので、夜中になっちゃった箇所へ。


大丸神戸店の南東側から北に向かって。

こっちは大丸の北東側から南に向かって。
どっちも店が一致するわけではないので、正解がどっちかはわかりませんね。
ちなみに、ここからも作中のようにポートタワーは見えませんw


ケーニヒス・クローネも。


あと、年末に撮った三宮のアーケード街も、人がほとんどいなかったので、撮り直しておきました。


と、こんな感じの帰省巡礼でした。

ちなみに、1/4から仕事始めだったんですが、1/2に坂を上ったり下りたりだったので、筋肉痛になってました。しっかりストレッチもしたんだけどなー。


さて、年始の巡礼は、実はこれだけではありません。
東京に戻ってきてから、1/4の仕事始めの前に、劇場版ラブライブ!の巡礼を少しやってます。
ので、そちらも近いうちに記事にしないとですね。

拍手[0回]

第3章は、年末年始の帰省前に行ってきました。
ホントは帰省後に行くつもりだったのですけれども……コミケから帰ってきて、新幹線の時間まで余裕があったので、その前に済ませてしまうことにしました。
まあ、量が少なく、サクッと済ませられるというのもあったので。

で、具体的なシーンについてですが……前回は穂乃果がツバサに呼び出されるシーンまで回収しました。
今回は、A-RISEと車に乗るシーン。まあ、ぶっちゃけ、東京タワーが映るとこだけですw

本気を出すなら、首都高から撮るのがいいんでしょうけど、そこまでモチベーションもなかったので、神谷町駅から芝公園の南へ向かう道で、パシャパシャ撮ってきました。



この2枚は神谷町方面、つまり北側から撮ったもの。
撮ってるときは気付かなかったんですが、こっち側からじゃないですね。何故なら……






今度は南側から撮ったものです。下層のエスカレーターみたいなのの色が南側からだと、赤いんですね。本編の東京タワーも赤く見えるので、南側からで間違いなさそう。
問題は、どの距離からのアングルが正解かですが……分かんないですねw
一番首都高に近い最後のが、正解に近いはずですが。


で、その他ビルとかも描かれているんですが、特定できたものはありません。まあ、そんなに特徴的なビルは描かれてませんでしたしね。
そんなわけで、あっさりですが、今回はこんなところで。

次章は車を降りてから穂むらに帰るまでのシーンを巡礼……実はもう巡礼自体は終わってるんですがw
その前に、帰省時の諸々のエロゲ巡礼を記事にしてから、第4章を掲載したいと思います。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
たけぞうのお勧め美少女ゲーム15 (←何故15?)
たけぞうのお気に入りI’veソング25+5 (2012/09/30更新)
featuring



プロフィール
HN:
「たけぞう」または「TKZ」
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/06/08
職業:
SE見習い
趣味:
ゲーム
自己紹介:
<オタク関連>
●アージュ
●戯画
●I've
●エロゲの聖地巡礼
●ラブライブ
●ゲーセンのクレーンゲーム

<その他>
●東京ヤクルトスワローズ
ついったー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
応援ちう
バナーのサイズがマチマチなのはご愛嬌


アーカイブ
ブログ内検索
メールはこちらまで
eternal_takezo☆infoseek.jp
↑「☆」を「@」に変えてください。
忍者ブログ [PR]